• トップ /
  • 必要なインプラントには

必要なインプラント

インプラントの見た目について

インプラントを必要とする症例

インプラントを必要とする場合の症例については様々といえます。多くの歯が失われてしまった場合や、部分的に歯が亡くなってしまった場合などに必要とします。抜歯後すぐに噛むことができるように人工の歯を埋め込んだという例もあります。 また、一口にインプラントの治療法についても症例や歯の状態によって変わってくる面があります。ただ、いずれのケースにおいても失われた歯を修復するにあたってはこの方法が最も適しています。

インプラント治療を選ぶメリット

事故や病気など、さまざまな事情で歯を失ってしまった場合、インプラント治療を受けると、入れ歯とは違った利便性があります。入れ歯は、義歯の中でも一般的な治療方法で、保険が使えるので、安価に治療が受けられます。ところが、中には今までの食生活が取り戻せない方もいて、不自由さを感じる場合もあるようです。けれども、インプラント治療を受けると、慣れてくるに連れて、歯を失う前の快適な食生活が取り戻せる方が多く、喜ばれています。

↑PAGE TOP